バイナリーオプション取引は取り扱い業者との相対取引であるため、提示されるプレミアムや権利行使価格、取引時間を含むバイナリーオプションの商品性は取り扱い業者ごとに異なります。

また、取り扱い業者が破たんした場合、オプション取引に係るお客様の資金の返還ができず、お客様が損失を被る恐れがあります。また、お客様全体の支払金額と受取金額の差額は、各バイナリーオプション取引取り扱い業者の収益の源泉となります。

バイナリーオプション取引において合理的な投資判断を行うには、オプション取引の理論的根拠等の専門知識が必要となります。取引利用会社のHP等をあらかじめよくお読み頂き、オプション取引および取引利用会社バイナリーオプションの内容を十分に理解したうえでお取引ください。

バイナリーオプション取引では最大損失額を維持証拠金として管理しますが、取引金額が少額であっても、多数回の取引を繰り返し行うことによって、多額の損失を被る恐れがあります。